《便利お得情報》覚えておきたい太陽光発電の知識

もしも停電になった場合、携帯電話の充電や冷蔵庫などといった最低限必要な電化製品のために、非常用コンセントを利用するようにしましょう。
生活に支障の無いゲームやその他ムダな電化製品の利用は控えるようにしてください。 停電が心配される現在、電力会社から電気を買うことなく自家発電をして電力供給するのが最も賢い方法です。
自家発電の筆頭的な存在である太陽光発電を設置することで停電対策だけでなく節電対策にもなるのです。
災害などで停電となってしまった場合には、家庭用の交流電力に変換をすることとなるパワーコンディショナーが自動的に停止します。
ですので太陽光発電もいつも通りに使用出来るわけではなく、非常用のコンセントが作動し使用することになるのです。

 

引っ越しをすることになったとしましても、太陽光発電というのは基本的に移設をすることが出来ます。
しかし架台は移設先の屋根の形状や屋根材に応じて変更することとなりますので、取り外しと設置の両方の工事費用が必要となります。



《便利お得情報》覚えておきたい太陽光発電の知識ブログ:2022-06-20

ぼくは老舗の料理屋の三代目として生まれた。

親父も母親も仕事に忙しく、
公私をきちっと分けるために、
息子はお手伝いさんに任せて一切口出ししなかった。

普段は生活も別で、
お手伝いのおばちゃんと妹と3人でごはんを食べていたから、
ごく普通の食べる事だったと思う。

だから、母親の手作り料理は皆無に近い。
強いて母親の味といえば、日曜日の「スパゲッティ」。
ケチャップで炒めて、赤いウィンナーの入ったいわゆるナポリタン。

あとは、遠足の日の「炒り卵のり巻き」。
卵に砂糖と塩を入れてサササッと炒り卵を作り、
それをごはんにスパーッとかけてのりでスススッと巻けば出来上がり。
だから、弁当を開けると炒り卵のり巻きだけ…

でも、
特別な日に作ってくれたということはよく覚えている。
忙しい母親にとって、それが息子への精一杯だったのだ。

よくおやつにチキンラーメンを食べた。
お湯をかけて、フタを開けたらできているので最初はびっくり!

小学生の時おいしくておいしくて、
毎日食べて肥満体気味になったこともある。

近くの駄菓子屋でも、よくスナック菓子を買い食いしたものだ。

夕方になると、
チリンチリン…という鐘を鳴らしながら
やってくるおでんの屋台で、
妹と二人、串を買って立ち食いしたのを思い出す。

よその母親たちが
鍋やボウルを抱えて買いに来ている横で
息子が買い食いしているのは、ちょっと悲しくなつかしい記憶。

だめだよっと言われても食べていたのは、
やっぱり父母の目がなかったから…

料理屋って
父母と一緒にいられないんだなぁ…と
しみじみ寂しく感じることもあった。